みなさんこんばんは!
制作部の黒田です。

今日は、風俗店向けというわけでは無いのですがSEOの内部対策に関してお話しいたします!
SEO対策で頭を抱えているオーナー様!
ぜひ、一度、見直してみてください!

ページタイトルの最適化

ページタイトルとはそのページの一番重要な部分になります。
ここで、ページ内容とは関係の無いコンテンツであった場合、SEOではなかなか上位表示されません。
例えば、大阪デリヘル【キャンディ】というお店の料金システムページがあったとします。

料金ページなのに、
<title>最上級の女性キャストでお待ちしています!大阪トップクラスデリヘル【キャンディ】料金ページ</title>←こーーーーーんな意味の無いタイトルはやめた方がいいです。
確かに、エリア・デリヘル・料金、とキーワードが盛りだくさんです。
その盛りだくさんがダメなのです。

簡潔に、適切で、他のページにないキーワードをお勧めします。
<title>料金システム|大阪デリヘルキャンディ</title>
で、充分です。

そんなこと当たり前なんですが、意外と前者のようなタイトルをつけたお店が多いんです。

タイトルの最適化のポイント
・タイトルの一番左にキーワードを入れる。
・キーワードの隣接度も意識する。
・同じタイトルのページを作らない。

上記のことを少し意識してみてください。

1ページ1キーワードで設定!

SEO対策で一番上位に狙いたいキーワードを、どのページにもたくさん入れがちですが、そんなことを意識するのではなく、ユーザーが求めている内容を!と意識してください。

ただただ、キーワードを入れればいいというものではありません。
サイト全体で考えてください。

meta descriptionタグについて

meta descriptionタグはそのページの説明文を表します。
検索結果で表示される文字数は124文字になりますので、できるだけその範囲内で収まる内容で記述しましょう。またコンテンツの内容を簡潔に説明できる文章が好ましいかと思います。

キーワードに沿って考えるとついつい考えがちになりキーワードを入れよう入れようとしちゃいますが、シンプルに考えて説明文を記載してくださいね。

まとめ

まずは内部の最適化を見直し、コーディングやcssなどの記述を見直すなど、日々変わるSEO対策に順応していくしかないですね。

メディアクリエイトではSEO対策も行なっておりますので、ぜひ一度お気軽にご相談くださいね。

 

ori
temp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です